硬式野球ボールの縫い合わせ工程

今回は、硬式野球ボールの縫い合わせ工程についてご説明します。


皆さん硬式野球ボールの革はどのように縫い合わされているかご存じでしょうか?

実はこの工程、機械で縫っているワケではありません!

すべて職人による手作業で縫い合わされているのです。




縫い合わせで使用する素材


野球ボールは2枚のひょうたん型の革で覆われています。


この2枚の革を丁寧にボールの芯に張り付けるところからスタートです。


最初の貼り付けが少しでもズレていると仕上がりが悪く、縫いの曲がったボールになってしまう為、大変重要な作業です。






縫い合わせは、赤い綿糸と針を使用します。


綿糸と針はそれぞれ2本ずつ使用して、交互に穴へ通して作業する為、両手を使って作業を進めます。


余談ですが、穴に針を通す回数は108回!

煩悩の数と同じなんです。






手作業による縫い合わせ作業


冒頭でお話しした通り、縫い合わせは全て手作業です。

その為、1球のボールを縫うのにも、かなりの時間が掛かります。


一流の職人でも1時間に縫える数は4~5球程度でしょう。


また、丁寧に縫わないと、きれいなアーチ型の仕上がりにはならず、歪んだ縫いのボールになってしまう為、大変気を遣う作業です。


下記の動画を掲載していますので、是非ご覧ください。